〝最高のミカド〟を世界に

行方織物は創業以来、格式が高いミカドシルク生地を製造しています。
海外ではいつの間にか〝NAMIKATA〟と呼ばれるようになり、
ロイヤルウェディングドレスやユダヤ人の正装の生地として選ばれています。
行方織物は、世界に受け入れられる〝Made in JAPAN〟のシルク生地を作ります。

〝先染めシルク〟のこだわり
深みある色と艶

行方織物は、古くから先染めと絹の産地として知られる米沢織を継承し
米沢でいち早く洋服生地として絹織物を海外へ輸出してきました。
ドレンドに左右されることがない、世界に認められた色艶を作る先染めにこだわり続けます。

試作からコレクションまで
シルクを活かす革新的なデザイナーを応援する

行方織物は、デザイナー向けのシルク生地を作り続けています。
一点であっても難しい織りであっても、そこに日本のシルクを活かして世界を魅了する夢があるなら
一緒にチャレンジできる織元でありたいのです。

最高のコレクションを生み出す一員になれることを
行方織物一同楽しみにしています。

NAMIKATA

伝統の絹織物の地から革新的な洋服地を